ヤーズ 通販ソーシング

ヤーズ

世界的に有名な低用量ピルです。ごく少量の女性ホルモンを補充することで、女性自身で生理と妊娠をコントロールすることができ、100%に近い避妊効果を発揮します。月経困難症、PMS(月経前症候群)、更年期障害、子宮内膜症、難治性ニキビの治療にも用いられます。

最安値を販売ページでチェック
低用量ピル・生理痛のお薬一覧はこちら

ヤスミン (ヤーズジェネリック)

ヤスミンはバイエル社が販売する黄体ホルモンと卵胞ホルモンの配合錠で、比較的新しい低用量ピルです。 経口避妊薬として有名ですが、月経困難症や更年期障害の治療にも広く使用されます。有効成分はドロスピレノン3mg・エチニルエストラジオール0.03mgです。

最安値を販売ページでチェック
低用量ピル・生理痛のお薬一覧はこちら


お薬コラム

ヤーズなどのピルには避妊以外にも長所があって、その内の1つが生理痛を和らげてくれることです。効果の強いタイプのピルだと、生理の日数が2日位になると聞きます。
狭心症といった心臓病に使われるニトログリセリンみたいな硝酸剤を服用しているといった方は、どんなことがあってもシアリスを使わないようにしましょう。
頭皮環境を良くして、抜け毛や薄毛をブロックする働きがあるのが育毛剤なのです。有名なもの以外にも肌を傷つけることのないものが様々売られています。
「体に入れて直ぐに効果がなかったからまがい物かもしれない」と疑うかもしれませんが、プロペシアと一緒でフィンぺシアも効果が感じられるまでに時間がかかります。
日本人の特徴を踏まえて製造された厚生労働省が認可したプロペシアを推している医院を選びさえすれば、危険を抑えながら治療を始めることができます。

臨床試験によるとプロペシアと申しますのは初期脱毛や性欲減退や勃起不全というような男性機能の低下、その他肝機能障害やうつ症状等の副作用が発生することがあるので要注意です。
この世で2番目に認可されたED治療薬レビトラのジェネリック医薬品のバリフは世界第2位の販売数であり、非常に人気を博しているED治療薬だと聞いています。
皮膚の乾燥用として医療施設で処方される代表的なお薬に「ヒルドイド」という塗り薬があります。小さい子からお年寄りまでを対象に使用されている保湿目的の医薬品です。
日本のファイザー(株)が市場提供しているバイアグラ50mgにつきましては、以前は2錠シートになっているものも見られましたが、現段階では10錠のものしか作られていません。
友人に処方されたアフターピルをもらうとか、逆に自分自身に処方されたアフターピルを友人や知人などに渡すことは法律によって禁じられているのです。

ケアプロストに関しましては流産とか早産になる危険性があるということなので、身ごもっているないしはその可能性のある女の人は、ケアプロストを勘違いして飲用しないでください。
肥満治療薬として世界的に有名なのがゼニカルだと思います。ゼニカルは食品から摂り入れた脂質分の吸収を阻害し、その分をウンチと共に身体の外に出す作用があります。
ケアプロストと申しますのは緑内障の治療時に眼内の圧力をダウンさせるために用いるだけではなく、まつ毛の生育を促すことでまつ毛全体の見た目にプラスの影響を及ぼしてくれます。
プロペシアについては同じ有効成分が含まれているジェネリック医薬品も販売されていますから、長きに亘る治療に必要な薬代を節約することもできます。
通常のピルと違いホルモン剤の用量が最小限にされているトリキュラーは、できるだけナチュラルなホルモンバランスを重視して作られた薬なのです。